d1b227d4
よっ!久しぶりデス!

のび太パンチ後は足払いでいいんじゃないかなと思うこの頃。調整で短くなるから垂直J強Pよりリーチ短くなってコンボにするの難しくなりそうだから。もちろん距離を見ての使い分けてもいきたいのだけど、ギリ貯めの双頭が出ずに大Pで終わっちゃうことも多くて・・・・。だったら割り切って

ちょっと時間をかけてネタ調べしたけど末期なだけあって中々良いのが生まれないね。
既出かもしれないけど自分なりに見つけたものと、したらばとかからメモったのを幾つか書いてきます。

やりこみ対空集

◆弱弾>中双頭(80/200)or潜伏(111/210)
弱弾対空はガン見して反応で撃つと空中で程よい持続気味のヒットになり追撃が狙える。
グラップ後や弱鞭打ヒット後>弱・中弐間後(+相手後ろ受け身状況)などに狙いたいところ。

屈強Pキャンセル対空。
つい2hitの往復ビンタ(90/150)で終わらせがちになるんだけど貴重なダメージ源なので考えて何かやっていきたいところ。

※基本的に屈強Pは全部一段目キャンセル

◆屈強P>弱鞭打or弱双頭(77/165)
良い起き攻めはあんまりないけど、毒状態にできるので、相手へのプレッシャーを与えるのに加え、10秒維持できれば+50ダメを見込める。
端以外でならコンボ後、即Vスキルがノーリスクで出せるのがいいところ。

◆屈強P>弱弾or弱中弐間or中鞭打(起き攻め用)
弐間はタメがない時でも使えるのが便利なところ。弱弾はぶっちゃけ不利を背負うけど相手のコンボ始動に割り込んで降ってきたりするから奇策としてなら悪くない。

◆屈強P>CA(314/75)
タメ要らずなので前歩きで距離を測りつつ狙えるので使える場面も多い。
真上気味で対空した時やCAが屈強P二段目キャンセルで出てしまったりすると悲惨なことになるので要練習。

◆屈強P>弱鞭打>CA(109/165)+起き攻めめくりCA(84/0)
あと一歩でゲージが足りないって時に使う奥義。端での垂直狩り限定。
受け身両対応で1F弾無敵技を使われない限り回避不可。
※CAの連続ヒット切れからの最終弾を起き攻めに重ねてそっからコンボに行けるルートを誰か開発してくれ

◆屈強P>EX鞭打>EX双頭(220/455)
これのおかげで、上のめくりCAネタは使う必要がない。
2ゲージ使うが中々のダメージとスタン値を取れ、起き攻めにもいける。


ピヨリコンボ集


◆なにかでピヨり>密着Vスキル4連射>J強P~
ガチャられなければ最大5発ほど当ててVゲージと煽りゲージの回収が可能。
諦めのいいプレイヤーは減ってきているので一回にとどめておくのが無難。

◆前投げ>前ステップ>Vスキル>微待ちJ強P>立強K>屈中P>弱双頭蛇
基本コンボ。336ダメ。毒のおかげで+10ダメは取れてるはず。

◆前投げ>EX両鞭打>強弐間脚×2>立強K>立中K>潜伏臥>立弱K>立弱P>立弱P>立強P>強双頭蛇
ピヨり時の1ゲージ最大?。コンボで0.4ゲージ回収できる。377ダメ。
相手がレバガチャしないタイプならEX両鞭打の前にVスキルを使って+20ダメぐらい狙える。

◆前投げ>中両鞭打>J強P>立強P>強双頭蛇
端コンボ。339ダメ。必殺技一回分ゲージ回収もでき、
毒状態にしてる時間があるので多分344ダメ。

◆後ろ投げ>強両鞭打>強弐間脚>立強P>立強P>強双頭蛇
344ダメ。場所入れ替え

◆後ろ投げ>微後ろ歩き後にEX両鞭打>強弐間脚
>中弐間脚>立強P>潜伏臥>立弱K>立弱P>立弱P>立強P>強双頭蛇
376ダメ

ピヨリコンボ集は、次の調整で大Kの発生が戻ることによりだいぶ変わると思うけど、あと2ヶ月も現バージョンが続くわけだから役に立つでしょう。


それと、新しいブログ作ったので、次回からはこちらで書きます。
これがこのブログでの多分ラス記事。
今まで見に来てくれていた方々ありがとうございます。コメントなくてもアクセス数がモチベに繋がっていましたんで、次も見に来てくれると嬉しいです。

新ブログ
http://lostlog.xyz/