50734c9ad70b27327dfa2ec5207a924e

ベガ?完成されたキャラだから修正するところなんて一切ありませんでした!

ファンについてだけ書きます。

嬉しいところや悲しいところ。強いところ弱いところなどなどを

調整リスト 引用

■F.A.N.G

立ち弱P
①ヒット時の硬直差を+6F⇒+5Fに変更します
②ガード時の硬直差を+3F⇒+2Fに変更します
③持続2F目の攻撃判定を拡大します
④持続2~3F目のヒットホールドを1F増加します


①が据え置きにならなかったのは後述の屈中Pの発生が6Fに戻ったせい。据え置きだと弱>中が色んな所で繋がる強キャラになってしまうための防止策。
②はかなり痛い。固めプランを見直し。上入れっぱ封じの立コパ立コパ立コアが死んだ。
③は現在3F目だけが攻撃判定が伸びていたのが2F目にも適用ということだと思う。持続コンルートがもしかしたら増えるかも。攻撃判定の3F目と2F目の距離が全く同じ場合はどこで当てても+7F取れなくなるので、持続コンの最後が屈中Pになる形になるかもしれない。
④ヒットホールドってなんぞ?って感じです。ヒットしたときに相手に与える硬直のことだとしたら、もしかしたらキャンセルでEX双頭か弱両鞭打につながるようになるかも。

①の影響でカウンターで立強Pに繋がらなくなったと一瞬焦りましたが、立強Pの発生も7Fに戻ったのでそこは安心。既存の持続ルートの残存と新ルートの検証を最速で行いたいところです。

立ち中K
攻撃判定の発生を6F⇒5Fに変更します


コパンから繋がるのは変わらず。
ヒットバックの小さい立弱Kからも繋がるので、使い所は以前より増えるかな。
屈中Kのヒットバックがいじられてなければ、屈中K>立中K>必殺技のルートが使えるかも。
カウンターなしで中>中繋がるようになるのは激アツ

立ち強P
①攻撃発生を8F⇒7Fに変更します
②攻撃判定を縮小します
③やられ判定を若干拡大します


もとに戻すだけでいいのに判定を弄られ。②がどの程度響いてくるか不安でしょうがない。
S2新要素の立弱K・屈中Kヒット+5Fのおかげでカウンター時は立ち強Pに繋げられますね。

立ち強K
①攻撃判定の発生を14F⇒12Fに変更します ※全体動作を2F減少します
②ヒット時の硬直差を+7F⇒+6Fに変更します


S1に戻った。②の修正をうっかり忘れてくれてば大>大の火力キャラになれたのに。
とりあえず、飛びコンやVTコンが昔と同じルートが使えるようになって良かった。
弾キャンEX弐間からもつながりやすくなるでしょう。
投げシケ狩りでも使いやすくなりました。

しゃがみ中P
攻撃判定の発生を7F⇒6Fに変更します


もとに戻っただけだけども一番の強化だね。
なぜってS2で鈍化されたせいで、ほとんどの中段攻撃ガード時の-6Fに対してやることがなかったからね。
あと立弱Pの持続2F目のヒット時は+6Fになるから大Pに繋げられないルートでもこれに繋げられるかもしれない。
あと単純に2弱Kの持続当てやカウンターヒットからも繋がるように戻ったのも嬉しいところ。

二連咬
初段のヒットバックを縮小します

意味あんの?先端当てVT仕込みからでも大Pがつながりやすくなるとかかな?



他キャラの調整の影響としては
ネカリのVT突進が-6Fになったので屈中Pで確定反撃取れるようになりました。
とはいえ先端持続気味当て気味のガードをさせてから逆択昇竜(通称親方式)の恐怖は消えていないので油断はしない。

大昇竜に弾無敵の付与。
横に伸びるケンやキャミィのが面倒です。
今までテキトーに距離取ったときにキャンセルで設置や弾を使ってたシーンで、見てから、あるいは決め打ちで撃たれターン交代を余儀なくされることが増えるでしょう。やられない固めプランを練りたいところ。


強化点絡めた新コンボ&復活コンボをまとめると
・立強P>VT>立強K(楽しい)
・ニ連咬>VT>立強K
・立弱K>立中K
・屈中K>立中K(やばい強い)
・立弱K(CH)>立強P
・屈中K(CH)>立強P(強い)
・屈弱K(持続orCH)>屈中P
・潜伏臥>立弱K>立弱P>立弱P
>屈中P(?)

こんだけのコンボルートを貰えた(返してもらった)んだから素直に喜んでおきましょう。

数少ない防御手段のジャングラ削除や弾無敵昇竜誕生など少し不安視する点もありますが、こちらの火力と確定反撃能力もあがったので良しとしておきましょう。

あとは持続コン削除が行われないことを祈るだけですね。お願いしますカプコン様。最悪潜伏臥からのルートだけでも残してください( ゚д゚ )



以下オマケメモ

Vリバからの立コパ
これカウンターヒットになることが多いので立強Pまで入れ込んじゃいましょう。
カウンター確認で必殺技キャンセルまで。
ギリギリまで引っ張れば強双頭蛇のタメも貯まる。

中・強・EX設置からの弱両鞭打相殺。
設置済みの両鞭打に相殺前提の弾と一緒に突っ込んでくる系プレイに対して弱で消して設置を残す。
使えそう。主にケン戦で使う小ネタ。

CA削りルート
ファンのCAは初段の後に暗転が出るためVリバ回避されにくく非常に強い。
主に立強P当ててから使うがここで1つミスをしないタメの豆知識。
弱双頭>CAはレンガ。
強双頭に変えると削り値が4上がるが非レンガのため無敵技で割り込まれる。
しっかり使い分けたいところ。