images

※タッチパッドボタンはPSホームボタンの上にある
でかい四角いボタンです。

長くなるので、初めに結論を言っておきます。

「PS4版ウル4でコパ辻はできまぁす!」

コパ辻細胞はあったんです・・・・・ワケありですが。


そもそもコパ辻とはなにか?

辻式(※参照)と呼ばれる入力テクニックを小P(弱P)で行うことです。
コパグラとは別物です!!

入力優先度の関係で本来は使えないのですが、PS3/Xbox360版では
ゲーム中で本来使用しないSelect/Backキーを割り当てて
ずらし押しすることでコパンでも辻れるようになり
”コパ辻”あるいは”セレ辻”、”Back辻”として一部のプレイヤーに
浸透し、ウルⅣではサガット・殺意リュウ・エレナ・いぶき使いなどの
高難易度コンボをする際に必須扱いされていました。

PS4版ウルⅣでは、Select/Backキーがないので
コパ辻は不可能と皆が予想していましたが、
トレーニングモードをする際にリロードに当たるキー
”タッチパッド”でも辻が出来そうと幾人かが予想していました。

実際のところどうなのかというとコパ辻出来ました!!
タッチパッド使うことでコパンが辻れちゃいます。
(ソースは海外配信を視聴していたサードアイさんのツイート)
※のちに、国内で実機での検証確認済みです。
キャプチャ


肝心のタッチパッドですが最新のHoriのアケコンと
PS4純正パッドコントローラーのみに搭載されています。
(記事最下部参照。現在は搭載アケコンは4種です。)

RAP.V4やMad CatzのTE2にはタッチパッドは付いていません。
もちろんPS3のアケコンにも・・・
※わけありの理由↑

PS4設定メニューでのボタン割り当てでもタッチパッドの
割り当てはできないので工夫が必要です。
※ウル4ゲーム画面でのボタンコンフィグでも無理です。

ちなみにRAPのタッチパッドでのコパ辻はデフォだととてもやりにくいです。
アケ筐体でのスタート辻に匹敵する難易度(笑)
キャプチャ
上部側面にあります。ピッコロ並の手の大きさがアレばワンチャン・・・。
まあそんなことしないでも、アサインモードというのがありまして、
タッチパッドをボタンに簡単に割り当てることが出来ます。
天板開けることすら不要。
sa
※アサインモード→最新RAPのみに搭載してる機能。
 アケコンの機能なので、本体・ゲーム側でのボタン設定とは別物。

これは・・・・アケコン格差がくるか?
先日ウル4でPS3アケコンが使える発表があり、
先走ってHoriのアケコンを購入していた人には
少し損した気分になっていたかもしれませんが
他にはない利点を持つことになったので
良いニュースだったかもしれませんね。

追記~タッチパッド非搭載アケコンに朗報~
検証の結果 ウル4起動時のボタン割り当てがデフォで下記のようになっていました。
PS3アケコンのセレクト→タッチパッド
つまり、現在PS3のアケコンでセレクトを既に
ボタン割り当てしている人はそのままに使うことが出来ます。

となると・・・・コパ辻を構造的に作れないのはMad CatzのTE2やV4隼だけか?と思ったのですが
これも一応PS3モードにしすればタッチパッドになったセレクトボタンが存在することになるので
これを配線をいじって引っ張ってくればコパ辻出来る思います。
※PS4対応のアケコンでPS4のゲームをやるのにPS3モードにしてプレイするという変な形になりますが。

・ロード問題
・ネットワーク問題
・入力遅延と固定60FPSの影響
・コントローラー相性
については下記の記事でまとめています。

PS4版ウル4 変更点や疑問などのまとめなど
(編集中です。24時間以内には公開します。)